« さあ、やるぞ、弥生さん!! | Main | <二上山夢験-ふたかみやま-ゆめのあらわれ> -Ⅱ- »

February 08, 2019

<二上山夢験-ふたかみやま-ゆめのあらわれ>

――語り・舞ひ・奏で――  折口信夫「死者の書」より

1983_ohtsu

彼の人の眠りは、徐かに覚めていった
真っ黒い夜の中に
更に冷え圧するものの澱んでいるなかに
眼のあいて来るのを、覚えたのである。
した した した ―― 
した した した ――

耳に伝うように来るのは 水の垂れる音か
ただ凍りつくような暗闇の中で
おのずと睫と睫とが離れて来る
膝が、肱が
徐ろに埋れていた感覚を取り戻して来るらしく―― 
全身に強ばった筋が、微かな響きを立てて
掌、足の裏に到るまで
引攣れを起しかけているのだ
―― そうして、なお深い闇
ぽっちりと眼を開いて見廻す瞳に
まず圧しかかる黒い巌の天井を意識した
次いで、氷になった岩床
両脇に垂れ下がる荒石の壁
―― したしたと、岩伝う雫の音。


-今月の購入本-2017年05月

201705
◇安藤優一郎「西郷隆盛の明治」 歴史新書.洋泉社
◇国立新美術館「ミュシャ展」求龍堂
◇佐藤彰一.他「世界の歴史 <10> 西ヨーロッパ世界の形成」中央公論社
◇伊藤公一朗「データ分析の力 因果関係に迫る思考法」 光文社新書

|

« さあ、やるぞ、弥生さん!! | Main | <二上山夢験-ふたかみやま-ゆめのあらわれ> -Ⅱ- »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference <二上山夢験-ふたかみやま-ゆめのあらわれ>:

« さあ、やるぞ、弥生さん!! | Main | <二上山夢験-ふたかみやま-ゆめのあらわれ> -Ⅱ- »