« June 2011 | Main | August 2011 »

July 31, 2011

何と涼しい南無大師遍照金剛

10122424

―四方のたより― 亀岡、楽々荘にて

7日間の北の旅からやっと帰宅し、ほっと息つくまもなく出かけたのは5時過ぎ。車で向かったのは亀岡の楽々荘。
阪神高速池田線から都市高池田木部線を走って木部第一INを下りると国道423号線に出る。箕面の西部を通り豊能町を抜けて豊岡へと抜けるこの峠道は、何度か走ったことはあるが、休日の所為もあってか対向車にほとんど会わない。
亀岡市役所のごく近く、市の中心街に占める広大で閑静な空間、明治から大正、京都にあって関西の政財界に君臨した田中源太郎の旧邸、国の登録有形文化財でもある楽々荘に着いたのは、約束の7時にまだ十数分余裕があった。

073101

約束とは、秋山巌画伯のお嬢さんこと町田珠美さん提唱の、此処=楽々荘でのビアパーティだ。
山頭火の句やふくろうを題材にした版画で知られる秋山巌氏は1921年生まれというから今年90歳。
そのお嬢さんが仙台で「秋山巌の小さな美術館—ギャラリーMami」を運営しており、ネツトを通してお近づきになったのは昨年の10月だった。

3.11の被災以後、夫と二人暮らしの彼女たちの日々もずいぶんと大変なものだったらしい。その辛苦と奮闘の4ヶ月余にひとときの慰安を求め、さらには三田で夫君の大腿部の義足新調も兼ねての関西への小旅行、その一夕に設けた知友たちとのパーティといった趣向で、集った人数は12名ほどだが、みな一家言ありの猛者揃い-失礼!-で侃々諤々賑やかに酒も食も進む。初お目見えの此方は車だからウーロン茶で、文字どおり茶を濁すしかないのだが、それでも結構愉しく時間を過ごした三時間だった。もちろん初会のパーティなんぞにわざわざ遠出をしてまで顔を出すについては、ただ山頭火縁りばかりでなく、想う一事あってのことなのだが、その所期もさしあたりは果たせたかと思われる。

073102

073103

午後10時を過ぎた帰りの峠道の運転は些か堪えたが、眠りたくなるほどのこともなく一時間余で無事帰参。やっとのんびりと冷や酒にありついて、あとはばったりと倒れ込むように眠り込んだ。



―山頭火の一句―
行乞記再び-昭和7年-203

7月31日、いよいよ出かけた、5時一浴して麦飯を二三杯詰めこんで勢よく歩きだしたのである、もう蝉が鳴いてゐる、法衣に飛びついた蝉も一匹や二匹ではなかつた。
暑かつた、労れた、行程8里、厚狹町小松屋といふ安宿に泊る、掃除が行き届いて、老婦も親切だが、キチヨウメンすぎて少々うるさい。
行乞相はよかつた、所得もわるくなかつた、埴生1時間、厚狹2時間、それだけの行乞で食べて飲んで寝て、ノンキに一日一夜生かさせていただいたのだから、ありがたいよりも、もつたいなかつた。
明日は是非小郡まで行かう、そして宮市へ、そこで金策しなければならない。‥‥歩くはうれしい、水はうまい、強烈な日光、濃緑の山々、人さまざまの姿。-略-

※表題句の外、4句を記す


大きな地図で見る

Photo/川棚温泉から埴生、厚狭への道程

073104

Photo/北の旅-2000㎞から―函館、トラビスチヌ修道院-’11.07.24

人気ブログランキングへ -読まれたあとは、1click-

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 30, 2011

日ざかり、われとわがあたまを剃り

Dc09122659

―四方のたより― 北の大地へ―第7日

小樽市内から札幌市内、新千歳空港へ
新千歳発12:15―関空着14:25


より大きな地図で 新千歳 を表示

帰宅16時頃予定


―山頭火の一句―
行乞記再び-昭和7年-202

7月30日、晴、晴、晴、一雨ほしいなあ!
緑平老から来信、それは老の堅実を示し、同時に私の焦燥を示すものだつた、人生不如意は知りすぎるほど知つてゐる私であるが、感情的な私はともすれば猪突する、省みて恥ぢ入る外なかつた-造庵について-。
今日は特種が一つあつた、私は生来初めて自分で自分の頭を剃つた、安全剃刀で案外うまくやれた、これも自浄行持の一つだらう。

※表題句の外、6句を記す

073001

Photo/青海島奇巌めぐり-’11.05.01

人気ブログランキングへ -読まれたあとは、1click-

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 29, 2011

あおむけば蜘蛛のいとなみ

Santouka081130084

―四方のたより― 北の大地へ―第6日

層雲峡から旭川へ、そして小樽へ


より大きな地図で 小樽―グランドパーク小樽 を表示

宿泊地―小樽市築港、グランドパーク小樽


―山頭火の一句― 行乞記再び-昭和7年-201

7月29日、朝曇、日中は照りつけるだらう。
修証義読誦、芭蕉翁発句集鑑賞、その気品の高いことに於て、純な点に於て、一味相通ずるものがある、厳かにして親しみのある作品といふ感じである、約言すれば日本貴族的である。
みんなよく水瓜を食べる、殊に川棚水瓜だ、誰もが好いてゐる、しかし私の食指は動かない、それだけ私は不仕合せだ。
隣室の旅人-半僧半俗の-から焼酎と葡萄とをよばれる、久振にアルコールを飲んだので、頭痛と胃痛とで閉口した。
私はたしかにアルコールから解放された、ニコチンからも解放されつつある、酒を飲まなくなり、煙草も喫はなくなつたら、さて此次は何をやめるか!
山百合、山桔梗、撫子、刈萱、女郎花、萩、等等等、野は山はもう秋のよそほひをつけるに忙しい。

※表題句の外、1句を記す

072901

Photo/イラスト画、秋の七草

人気ブログランキングへ -読まれたあとは、1click-

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 28, 2011

炎天のポストへ無心状である

101224103

―四方のたより― 北の大地へ―第5日

知床から網走、サロマ湖へを経て、層雲峡へ


より大きな地図で 層雲峡―朝暘亭 を表示

宿泊地―層雲峡、朝暘亭


―山頭火の一句― 行乞記再び-昭和7年-200

7月28日、晴、風がすがすがしい、そして何となく雨の近い感じがする、今日はきつとよいたよりがあるだらう。
よいたよりといへば、昨日うけとつたたよりはうれしいものであつた、緑平老からのたよりもうれしかつたが、幸雄さんからのそれは殊にうれしかつた、それは温情と好意にあふれてゐた。-略-
野百合と野撫子を活けた、百合はうつくしい、撫子は村娘野嬢のやうな風情でなくて-百合のやうに-深山少女といつた情趣である、好きな花だ、一目何でもないけれど、見てゐるとたまらなくよいところがある、西洋撫子はとてもとてもだ。-略-
貧乏はとうとう切手を貼らない手紙を出す非礼を敢てせしめた、それを郵便配達夫がわざわざ持つてきて見せた厚意には汗が流れずにはすまなかつた、それでなくても暑くてたまらないのに、―そしてまた、次のやうな嫌味たつぷりの句を作らないではゐられなかつた。
-略- 長い暑い一日がやうやく暮れて、おだやかな夕べがくる、茶漬さらさら掻きこんで出かける、どこへといふあてもない、何をしようといふのでもない、訪ねてゆく人もなければ訪ねてくる人もない現在の境涯だ、ただ歩くのである、歩く外ないから。―

※表題句の外、4句を記す

072801

Photo/浜撫子の花

人気ブログランキングへ -読まれたあとは、1click-

| | Comments (1) | TrackBack (0)

July 27, 2011

暑さ、泣く子供泣くだけ泣かせて

Dc09122652

―四方のたより― 北の大地へ―第4日

摩周湖から野付半島へ、羅臼を経て知床五湖へ


より大きな地図で 知床 を表示

宿泊地―知床半島岩尾別温泉、ホテル地の涯


―山頭火の一句― 行乞記再び-昭和7年-199

7月27日、今日は土用の丑の日。
鰻どころか一句もない一日だつた!
だが、夕方になつて隣室から客人から蒲焼一片を頂戴した。
まことに夢ひときれの丑の日だつた!
だから駄句一つの一日でもあつた!

※表題句の外、句作なし

072701

Photo/川棚、大楠の森の若宮-’11.04.30

人気ブログランキングへ -読まれたあとは、1click-

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 26, 2011

水底の雲から釣りあげた

Santouka081130083

―四方のたより― 北の大地へ―第3日

ガーデン街道から十勝、帯広を経て、釧路湿原、そして阿寒湖へ


より大きな地図で ランプの宿 を表示

宿泊地―津別町奥屈斜路温泉、ランプの宿森つべつ


―山頭火の一句― 行乞記再び-昭和7年-198

7月26日、相かはらず暑い、夕立がやつて来たさうでなかなかやつて来ない、草も木も人もあえいでゐる。
約束通り、ここの息子さんと溜池へ釣りに行く、鰻は釣れないで鮒が釣れた、何かと薄倖な鮒だつたらう、せいぜい3時間位だつたが、ずゐぶんくたぶれた。

※表題句の外、4句を記す

072601

Photo/川棚、妙青禅寺境内、雪舟の庭-’11.04.30

人気ブログランキングへ -読まれたあとは、1click-

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 25, 2011

押売が村から村へ雲の峰

10122481

―四方のたより― 北の大地へ―第2日

洞爺湖から支笏湖を経て、美瑛、富良野へ


より大きな地図で 富良野ノースカントリー を表示

宿泊地―富良野市下御料、ノースカントリー


―山頭火の一句― 行乞記再び-昭和7年-197

7月25日、何と朝飯のうまいこと! -現在の私には、何者でも何時でもうまいのだが-私はほんとうに幸福だ!
茗荷の子三把で4銭、佃煮にして置く、当分食卓がフクイクとしてにほふだらう、これもまた貧楽の一つ。―
怪我をするときは畳の上でもするといふ、まつたくさうだ、今朝、私は縁側でしたたかに向脛をうつた、痛い、痛い。
ここの息子さんと土用鰻釣に出かける約束をしたので、釣竿を盗伐すべく山林を歩いてゐると、仏罰覿面、踏抜をした、こんこんと血が流れる、真赤な血だ、美しい血だ、傷敗けをしない私は悠々として手頃の竹を一本切つた、いかにも釣れそうな竿だ、しかし私は盗みを好かない、随つて盗みの罰を受け易い、どうも盗みの興味が解らない。

※表題句のみ記す

072501

Photo/青海島奇巌めぐり-’11.05.01

人気ブログランキングへ -読まれたあとは、1click-

| | Comments (10) | TrackBack (0)

July 24, 2011

夾竹桃、そのおもひでの花びら燃えて

Dc09122648

―四方のたより― 北の大地へ―第1日

空路、北海道へ。関空発9:05―函館着10:45
函館市内めぐりの後、大沼を経て内浦湾を北上、洞爺湖へ


より大きな地図で 洞爺湖 を表示

宿泊地―洞爺湖温泉湖畔の壮瞥温泉ペンシヨンおおの


―山頭火の一句― 行乞記再び-昭和7年-196

7月24日、今日も暑からう、すこし寝過ごした、昨夜の今朝で、何となく気分がすぐれない。
野の花を活けた、もう撫子が咲いてゐるが、あの花には原始日本的情趣があると思ふ。-略-
―百雑砕―
燃ゆる陽を浴びて夾竹桃のうつくしさ、夏の花として満点である。
色身を外にして法身なし、しかも法身は色身にあらず、法身とは何ぞや。
貧時には貧を貧殺せよ。
私は拾ふ、落ちた物を拾ふ、落した物を拾ふにあらず、捨てたる物を拾ふなり。
緑平老からの来信は私に安心と落ち着きとを与へてくれた。-略-
―一箇半箇―
捨猫がうろついてゐる、彼女は時々いらいらした声で鳴く、自分の運命を呪ふやうな、自分の不幸を人天に訴へるやうに鳴く、そし食べるものがないので、夜蝉を捕へる、その夜蝉がまた鳴く、断末魔の悲鳴をあげる。‥‥
近眼と老眼とがこんがらがつて読み書きに具合がわるくて困る、そのたびに、年はとりたくないなあと嘆息する。

※表題句の外、5句を記す

072401_2

Photo/燃えるような夾竹桃の花

人気ブログランキングへ -読まれたあとは、1click-

| | Comments (9) | TrackBack (0)

July 23, 2011

事がまとまらない夕蝉になかれ

Santouka081130082

―四方のたより― 琵琶五人の会

今日もまた催しのご案内、毎年この時期、恒例の「琵琶五人の会」公演。
題して「百花繚乱、戦国武将」の絵巻とや。
関西で活躍する師範衆五人組なれば堪能できること請合いなれど、
これまた小生は参上叶いません、悪しからず、ご紹介のみでご容赦。

Biwa5


―山頭火の一句― 行乞記再び-昭和7年-195

7月23日、土用らしい土用日和である、暑いことは暑いけれど、そこにわだかまりがないので気持がよい。-略-
夕食後、M老人を訪ねて、土地借入証書に捺印を頼んだら、案外にも断られた、何とかかかとは言訳はされたけれど、然諾を重んじない彼氏の立場には同情すると同時に軽蔑しないではゐられなかつた、それにしても旅人のあはれさ、独り者のみじめさを今更のやうに痛感したことである。
これで造庵がまた頓挫した、仕方がない、私は腰を据えた、やつてみせる、やれるだけやる、やらずにはおかない。‥‥
敬治さん、幸雄さんのたよりはほんとうにうれしかつたのに!
今日は暑かつた、華氏97度を数へた地方もあるといふ、しかし私はありがたいことには、樹木の多い部屋で寝転んでゐられるのだから。
幸雄さんの供養で、焼酎を一杯ひつかける、饅頭を食べる、端書を10枚差出すことが出来た。

※表題句の外、2句を記す

072401

Photo/川棚の三恵寺山門にて-’11.04.30

人気ブログランキングへ -読まれたあとは、1click-

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 22, 2011

虫のゆききのしみじみ生きてゐる

10122417

―四方のたより― イベント二題

縁の深い昔の仲間から、明後日に催しがあると誘いがあつた、それもふたつ。
ひとつは蕎麦屋「凡愚」の真野夫妻からの案内で、蕎麦切り職人衆8人が集結した以下の如き催し。

Sobauchi0724

昔はこの夫婦、夫は写真で、妻は衣装デザイン、初期の頃から80年代初め頃まで、共にスタツフとして付合ってくれた。

もうひとつは、私が研究所を立ち上げたときのメンバーで加藤鈴子からで、朗読の会へのお招きで、会場は文楽劇場の小ホール。
ところがどっこい、折悪しく、此方はこの日から小旅行に出かけるべくすでに計画を立ててしまっている。何事もなければ両者共に顔を出さずばなるまいところだが、時すでに遅しでどうしようもない。
と、まあそんな次第だから、せめてこの場で広報よろしく、ご紹介だけしておく。

072201



―山頭火の一句―
行乞記再び-昭和7年-194

7月22日、朝曇、日中は暑いけれど朝晩は涼しい、蚊がゐなければ千両だ。
感情がなくなれば、人間ぢやない、同時に感情の奴隷とならないのが人間だらう。
さみしくいらだつからだへ蝿取紙がくつついた、句にもならない微苦笑だつた。

※表題句の外、4句を記す

072202

Photo/下関市豊浦町宇賀、福徳稲荷神社にて-’11.04.30

人気ブログランキングへ -読まれたあとは、1click-

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 21, 2011

伸ばしきつた手で足で朝風

Dc09122611

―表象の森― キリスト教と無神論

<無神論>の問題は、キリスト教的自由意志の問題とセットになっているのだ。
どの文化の<神>の周りにも不信心の輩は生まれたが、キリスト教の神だけが、無神論者を育み、無神論の枠組に守られて自らを存在させ続けたのだ。逆にいえば、権威主義的な統一主義こそが、異質な思想を生み、創造的な緊張を生んだ。神の恩寵と人間の自由意志というパラドクスが、歴史のダイナミクスをもたらしたのだ。
エジプトやバビロンの影響を濃く受けながら、「受肉」による一回性をスタートさせて永劫回帰的な古代呪術世界と決別したパレスティナ生まれのキリスト教は、ギリシャ哲学の弁証法の最良の部分と、ローマ帝国の秩序の最良の部分を糧として、ヨーロッパを形成し、近代世界を出現させた。近代的自我に拠って思考する私なるものは間違いなくその延長にある。この世界で考え続けていくためには、歴史の原動力となった形而上の世界を無神論という舞台裏から眺め直さなくてはならない。―竹下節子「無神論」P277より

―今月の購入本―
・G.ベイトソン「精神と自然」新思索社
副題に-生きた世界の認識論-、初訳版は82年だが01年の改訂版。
前著の「精神の生態学」と本書を読んでみるのが当面の私の課題。それからオートポイエーシス論に入る予定だが‥。

072101

・辻邦生「春の戴冠」新潮社
96年刊の全一冊新装版。ボッティチェルリを軸にフイレンツエの栄養と没落を描いた大長編3000枚。P956の中古書にて廉価の掘出し物。いずれ近いうちに読むべし。

072102

・小川環樹他「千字文」岩波文庫
四字一句で250句でなる中国古代の文字教科書だった千字文の注解書、P469。

・小出裕章「原発のウソ」扶桑社新書
既に本ブログで紹介済。

・古賀茂明「日本中枢の崩壊」講談社
経産省大臣官房付という閑職にほされた現役官僚という著者。もはや末期症状を呈する政と官の病根を詳述した話題の本だが、まさに実務家らしく具体性をもって語られるその内容は、いかにも同工異曲の重複が多く、ハードカバーでP381もの重装備にする必然は感じられない。この程度の内容ならば、もっとしっかりと削り込んで、新書版にて出版したほうが、より多くの読者に触れてよかったのではないかと思われるが、この重厚な単行本化には別次の背景があるのだろう。

・西森マリー「レッド・ステイツの真実」研究社
副題に-米国の知られざる実像に迫る-とあり、1998年以降、アメリカのテキサスに住み、福音主義者らと政治に関わり、選挙現場の取材等に力を入れているという著者が、アメリカの半分を占めるレッド・ステイツ、福音主義者を始めとする保守派キリスト教徒たちのメンタリティを理解し、現代アメリカのキリスト教を深掘りする。

・「芸術新潮―11/07 青木繁特集」
特集の青木繁、知らない部分に触れえたのはちょっぴり収穫。
「非常にうまい画が拵へてみたい、-略-、又同時に平淡な適当な、誰にも分るうまくない絵が作ってみたい、後者が我目的である」。また「うまい画」と「平凡な画」を、「エカキの画」と「ニンゲンの画」とも言換えてもみる青木繁。この両極端がやりたいといい、なおかつ、真に目指すところは「平凡な画」であり「ニンゲンの画」だというのは、表現者として非常に解る話だ。
愛人だった福田たね、落し胤の福田蘭堂、その子の石橋エータロー、そのまた子の石橋鉄也と、四代にわたる数奇な宿縁の物語も読ませる。

・「芸術新潮―11/05 狩野一信特集」
江戸末期の絵師、全100幅五百羅漢のめくるめく綺想グラフティ。4月末から7月初めまで江戸東京博物館で「五百羅漢-狩野一信」展が催され話題に。

072103

―図書館からの借本―
・竹下節子「無神論―二千年の混沌と相克を超えて」中央公論新社
10年5月初版。著者の専門は比較文化史だが、傍らバロツク音楽のアンサンブルグループを主宰するという。


―山頭火の一句― 行乞記再び-昭和7年-193

7月21日、曇、しかし朝蝉が晴れて暑くなることを予告しつつある。
山へ空へ、樹へ草へお経をあげつつ歩かう。
黒井行乞、そのおかげで手紙を差出すことが出来た。
安岡町まで行くつもりだつたが、からだの工合がよくないのでひきかへした、暑さのためでもあらうが、年のせいでもあらうて。
物を粗末にすれば物に不自由する-因果応報だ-、これは事実だ、少くとも私の事実だ!

※表題句の外、5句を記す

072104

Photo/JR山陰本線の黒井村駅

人気ブログランキングへ -読まれたあとは、1click-

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 20, 2011

紫陽花もをはりの色の曇つてゐる

Santouka081130081

―表象の森― 負の遺産//原発

◇放射能とはどういうものか
・放射能の怖さは、DNAを破壊し遺伝子異常を引き起こすこと。JCO臨界事故では、被曝者の細胞が再生されず、全身が焼けただれるようにして亡くなった。
・今回の事故で、すでに原爆80発分の放射性物質が飛び出している。いま問題なのは内部被曝。ベータ線やアルファ線は、進む距離は短いがエネルギーが大きい。体内の細胞に付着すると、そのごく近傍の細胞に継続的に影響を与える。

◇放射能汚染から身を守るには
・人体への影響はLNTモデル(=線量の増加に伴い危険性が増える)で説明される。原発推進派はこれを認めず、一定量以下の被曝なら影響ゼロとの立場を取る。だが、人体に影響のない被曝はない。最近では低線量被曝がむしろ危険度が高いとの研究も出ている。
・事故での被曝を防ぐには、まず事故の場所から遠ざかること。風向きと直角の方向に逃げる。雨を避ける装備やマスクなども必要。国の発表は過小評価なので、ネットなどで情報ルート開拓をする必要。
・文科省の「20ミリSvまで安全」は狂気。表土除去など被曝を少しでも減らす方策が必要だ。汚染されたゴミは原発周辺に送るしかない。また周辺の農地はすでに再生不能。気の毒だが、もう住民は元に戻れない。
・放射線は若い人ほど影響を受け、50歳以上ではガン死の可能性が劇的に下がる。汚染された食物は隠さず流通させた上で、大人が引き受けるべき。
・原発を容認した大人にも責任があるのだから、被害を福島だけに押し付けてはならない。周辺住民の重荷は社会全体が共有し、支える必要がある。

◇原発の“常識”は非常識
・原発の運転により、日本国内にある死の灰は広島型原爆の80万倍に及ぶ。国は原発の危険性を分かっていたので、原賠法で電力会社の賠償責任の上限を設定。電力会社に建設を促した。
・電力会社の利潤は、市場原理ではなく資産で決まる。原発は作れば作るほど資産になるから、電力会社は建設をやめない。一方で電力料金は高騰する。
・「原発は低コスト」は嘘。再処理や開発費用を加えると火力より高い。ウランの採掘や濃縮で多量のCO2も排出。さらに、発生した熱の3分の2は水に伝わり、海に捨てている。こんな原発のどこがクリーンなのか。

◇原子力は未来のエネルギーか?
・化石燃料枯渇への恐怖が原発推進を容認してきた。だが石油可採年数は増加。むしろウランの方が先に枯渇する。

◇「石油がダメだから原発」は誤り。
・資源不足を解決するべく始めた核燃料サイクル計画も失敗続き。もんじゅは1兆円を注ぎ込んで1kwも発電していない。実用化は無理だろう。
・プルトニウムを処理するために、MOX燃料対応の原発(大間原発)を建設中だ。原発の問題をクリアするためにまた原発。悪循環から抜け出せない。

◇地震列島・日本に原発を建ててはいけない
・地震多発地域に原発を54基も作ったのは日本だけだ。浜岡原発は、必ず起きる東海地震の想定のど真ん中。今回の停止を、津波対策のみならず全原発の安全対策検証の契機にするべき。
・六ヶ所村の核燃料再処理工場には大量の使用済み燃料が集まる。本格稼働すれば日常的に放射性物質を廃棄することに。コスト減でフィルタも取り付けられない。
・高速増殖炉もんじゅの冷却材はナトリウム。空気に触れると火災が発生する。水に触れても爆発するから、消防車も使えない。地震で施設が破損したらすべてが終わる。

◇原子力に未来はない
・原発は、先進国では縮小傾向にある産業。その上、日本は原発技術の後進国だ。原発は止めなければいけない。実は全原発を止めても、火力の稼働を7割(通常5割)にするだけで必要量は賄える。
・核のゴミは、六ヶ所村では300年監視が必要という。もう、原発で得たエネルギーより、処理のデメリットの方が大きいではないか。
・代替エネルギーの開発と普及を考えよう。日本はかつて太陽光発電では世界トップの技術を誇った。一方で、エネルギー大量消費を前提とした生活を考え直す必要がある。

  ―小出裕章「原発のウソ」より簡約


―山頭火の一句― 行乞記再び-昭和7年-192

7月20日、曇、土用入だから、かんかん照ればよいのに。
朝の山へ、蜘蛛の囲を分けて登つて萩を採つて来て活けた、温湯に挿したが、うまく水揚げしてくれるとうれしい。
昨夜はとろりとしただけだった、こんなでは困る。-略-
私は今、庵居しようなどといふ安易な気分に堕した自分を省みて恥ぢてゐる、悔いてもゐる、しかも庵居する外ない自分を見直して嘆いてゐる、私はやむなく背水の陣を布いた、もう血戦-自分自身に対して-する外ない。
緑平老へ、そしてS子へ、S女へ手紙を書いた、書きたくない手紙だつた、こんな手紙を書かなければならない不徳を憤つた。
眠れない、眠つたと思へば悪夢だ。
アルコールが私に対して、だんだん魅力を失ひつつあることは、むしろ悲しい事実だらう。

※表題句の外、3句を記す。

072001_2

Photo/川棚の紫陽花

人気ブログランキングへ -読まれたあとは、1click-

| | Comments (0) | TrackBack (1)

July 19, 2011

はだかではだかの子をだいてゆふべ

10122450

―四方のたより― 台風6号接近

大型の台風6号が、午後3時現在、高知県足摺岬の東南東約30㎞にあり、進路は北北東、15㎞/hとか。
四国上陸は時間の問題だが、今夜半から明日にかけ、気圧配置ゆえだろうが大きく東へ向きを変えて、近畿・中部一円を襲う模様だ。
どうやら被災地の東北地方は避けられるようで、かりに豪雨のおそれもないとなれば、不幸中の幸いなのだが‥。

<日暦詩句>-37

 「ことばの円柱」  谷川俊太郎「詩人たちの村」より

ヨーハンセバスチアンバツハは、虚空に音の伽藍を築
いたのであるが、私は虚空にことばの円柱を築くので
ある。その円柱は真実という巨大な中空ゆえに、なに
がしかの強度を有する一本の管の構造をしていて、装
飾はすべてそれぞれの無数の毛根で管の中心にむすば
れている。
即ちそれは瘡の全種類を含んでいると云えよう。
円柱の支えているものは、あらゆる重みなのであつ
て、この重みには当然円柱自体のこうむつている地球
の引力も加わつているが、円柱の上に何か目に見える
ものがのつかつているかというとそうではない。円柱
の上には目に見えるものは何ものつかつてない。
ただ時折、ごく僅かな塵(おそらくは流星塵)が、し
ばらくの間つもることがあるけれど、やがて強い偏西
風のために吹き飛ばされてしまう。
他の人間たちが、有史以前から築きつづけた円柱も、
そこここに残つていて、或るものは既に廃墟のもつ落
ち着きと気どりを有しているが、それらの円柱に関し
ては、その強度も高さも直径も、いまだかつて正確に
測量されたためしがない。だからそれらが支えてきた
重みの総量を計算するすべは、依然として失われてい
るのである。


―山頭火の一句― 行乞記再び-昭和7年-191

7月19日、晴れ、いよいよ天候もきまつたらしい、私の心もしつかりしてくれ、晩年の光を出せ!
此宿の漬物はなかなかうまい-木賃自炊だが、朝の味噌汁と漬物とは貰へる、今日此頃の私は無一文だから漬物でお茶漬さらさら掻きこんでゐる-、殊に今朝は茗荷がつけてあつた、何ともいへない香気だ、暑さを忘れ憂鬱を紛らすことが出来る。
夏は浅漬がよい、胡瓜、茄子、キヤベツ、何とか菜、時々らんきようも悪くない、梅干しもありがたい。

※表題句の外、3句を記す

071901

Photo/川棚温泉、大楠の全景-’11.04.30

人気ブログランキングへ -読まれたあとは、1click-

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 18, 2011

朝からぴよんぴよん蛙

Dc09122656

―表象の森―原発終末論

・小出裕章「原発のウソ」扶桑社新書
3.11震災による福島原発の破局的状況を抱える現在において、本書がベストセラーとなるのは当然すぎることだろう。とにかく解りやすい、一気呵成に読める。原発破局の実態が、客観的事実に裏づけられつつ簡潔明瞭に解き明かされいくコンパクトな全7章182頁。
終盤の6章で取り上げられる、浜岡原発や上関原発、六カ所村の再処理施設、高速増殖炉もんじゅ等の問題点などにいたっては、その終末的実態にただもう暗澹とするほかない。

071801

初版三刷、いま話題の本ではあるが、日経新聞ベストセラー-6/29-1位、ジユンク堂-3位、紀伊国屋-5位、Amazon-総合12位、新書1位といった売れ行き、さらに広く読まれることを期す。


―山頭火の一句― 行乞記再び-昭和7年-190

7月18日、晴れて暑い、ぢつとしてゐて汗がにじみでる、湯あがりの暑さは、裸体になることの嫌いな私でも、褌一つにならずにゐられない。
昨日の行乞所得の残金全部で切手と端書とを買つた、それでやうやく信債の一部を果した。
酒が好きなために仏門に入るやうになり、貧乏になつたために酒毒から免れてゐる、世の中の事は変なものであるわい-酒のために自己共に苦しみ悩んだ事はいふまでもないが-。

※表題句の外、3句を記す

071802

Photo/青海島の奇巌めぐり-’11.05.01

人気ブログランキングへ -読まれたあとは、1click-

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 17, 2011

雲がいそいでよい月にする

Santouka08113080

―四方のたより― D.マリィの「成田屋/暑中Me舞」

デカルコ・マリィたちの成田屋シリーズも近頃は2ケ月毎ペースになっている。
5月の折は日程が合わず見逃していたので、昨夜はなにはともあれ山王町交差点の成田屋へと家族でお出ましと相成った。

071701

とにかく暑い、その夏の夜の、暑気払いの一席-
踊る阿呆に見る阿呆だが、こんなに暑くてはそう長くもやっておれないか、20分ほどで幕となった。
あとは成田屋名物のおでんで酒宴の一席、それぞれに話の花を咲かせて‥。

071702

余談ながら、今日は私の誕生日とて、思わぬ御仁から祝詞のメールを頂戴した。
恥ずかしながらはや67歳、近頃は体力の衰えに自嘲しきりにて、今のところ減量に取組中。

071703

Photo/宵闇迫る頃、東の空にまんまるまるいお月さま-’11.07.15、ベランダにて


―山頭火の一句― 行乞記再び-昭和7年-189

7月17日、小月町行乞、往復9里は暑苦しかつたけれど、道べりの花がうつくしかつた、うまい水をいくども飲んだ、行乞はやつぱり私にはふさはしい行だと思つた。
行乞所得はよくなかつたが、句の収穫はわるくなかつた。―
一銭のありがたさ、それは解りすぎるほど解つてゐる、体験として、―しかも万銭を捨てて惜まない私はどうしたのだらう!
なぜだか、けふは亡友I君の事がしきりにおもひだされた、彼は私の最初の心友だつた、彼をおもひだすときは、いつも彼の句と彼の歌とをおもひだす、それは、―
  おしよせてくだけて波のさむさかな
  我れちさう籠るに耳は眼はいらじ
    土の蚯蚓のやすくもあるかな
労れて戻つて-此宿へは戻つたといつてもいい、それほど気安くて深切にしてた下さる-そして酒のうまさは!

※表題句の外、11句を記す


大きな地図で見る

Photo/山里の道を往復9里とは、さすが現在の我々には及びもつかぬ健脚ぶり

人気ブログランキングへ -読まれたあとは、1click-

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 16, 2011

朝の土から拾ふ

101224125

―四方のたより― ウナギの回遊生態

土用の丑も近い。
子どもの頃、親父と一緒に田舎-徳島南部-へ帰ると、必ずといっていいほど、水田近くの小川やあるいは海沿いの川渕へとウナギ取りに行ったものだった。そんなわけで、ウナギは我が家の食習慣にはずいぶんと馴染みも深く、家族内の誰もが好物としてきた。
それほど親しんできたウナギなのに、先日-7/11-の報道で話題となった、グアム島近くの海域で採取されたウナギの卵を見るまで、その生態、3000㎞にも及ぶ大回遊をしているということなど、恥ずかしながらまったく知らず、驚き入った次第だ。

071601

ウナギの生態の不思議に頭を悩まされたギリシャの哲人アリストテレスは、泥中発生説を唱えたそうだが、そのアリストテレス以来の謎が、二千数百年を経た今日までずっと謎のままだったというのにも驚き入ったが、その生態は下の写真にみられるように変態を重ねつつ壮大な回遊をしているという事実、まこと生物のダイナミズムというものにいまさらながら圧倒されるばかり。

071602


―山頭火の一句― 行乞記再び-昭和7年-188

7月16日、曇、日和癖とでもいふのか、午前中は雨模様、午後になると晴、頭痛がして困る。―
朝の散歩はよい、ことに朝の山路を逍遙する時は一切を忘れて一切に合してゐる気分になる、歯朶がうつくしい、池水がおだやかだ、頬白の声がすがすがしい、物みなよろしとはこの事だ。
そこにもここにも句が落ちてゐる、かくべつ拾ひたいとも思はないが、その二つ三つ。
晴れた、晴れた、お天気、お天気、みんなよろこぶ、私も働かう、うんと働かう、ほんとうに遊びすぎた。
何だかノスタルヂヤにでもかかつたやうだ、これも造庵や生活やすべてがチグハグになつてゐるせいかも知れない。

※表題句の外、8句を記す

071603

Photo/三恵寺境内の石仏たち-’11.04.30

人気ブログランキングへ -読まれたあとは、1click-

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 15, 2011

あすはよいたよりがあらう夕焼ける

Dc091226180

―表象の森― 七つの社会的罪-Seven Social Sins-

マハトマ・ガンジーが1919年から32年にかけて英語で毎週刊行していた「Young India」という小誌-「七つの社会的罪 -Seven Social Sins-」は、1925年10月22日付に掲載された。

071500

最近、この中の「道徳なき商業」を引用し、参議院行政監視委員会-5/23-において原発批判をくりひろげたのが小出裕章氏だが、このことによってあらためて注目されたガンジーの「七つの社会的罪」

071501
・理念なき政治 -Politics without Principle-

071502
・労働なき富 -Wealth Without Work-

071503
・良心なき快楽 -Pleasure Without Conscience-

071504
・人格なき学識 -Knowledge without Character-

071505
・道徳なき商業 -Commerce without Morality-

071506
・人間性なき科学 -Science without Humanity-

071507
・献身なき信仰 -Worship without Sacrifice-


―山頭火の一句― 行乞記再び-昭和7年-187

7月15日、一切憂鬱、わづかに朝湯が一片の慰藉だ。
ただ暑い、空つぽの暑さだ。
南無緑平老菩薩、冀はくは感応あれ。
夕の散歩で4句ほど拾ふたが、今年はじめて蜩を聴いたのはうれしかつた、峰と峰とにかこまれたゆふべの松の木の間で、そこにもここにも蜩がしづかにしめやかに鳴きかはしてゐた-みんみん蝉は先日来いくたびも聴いたが-。

※表題句の外、3句を記す

071508

Photo/妙青禅寺山門下の左にある湯が自慢の寿旅館-’11.04.30

人気ブログランキングへ -読まれたあとは、1click-

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 14, 2011

水をたゞようて桐一葉

10122466

―四方のたより― 神田代舞に疑問?-住吉の御田植祭-

先月の今日すなわち6月14日は住吉大社の御田植祭だった。
この日、私は物見遊山よろしくこれを見学に行ったのだけれど、此処に書く機会を失したままとうとう1ケ月が経ってしまったわけだが、この機に触れておこう。
大社本殿の南に位置する御田は約2反歩-2300㎡-の広さという。
その御田の周囲には、仮設の観覧席が設えられてあり、その席料は1000円也。ずいぶんと大勢の人だかりで、観覧席の外にも立ち見の人がかなりの数。
御田中央には三間四方はあろうかという屋根付の舞台があり、橋懸りよろしく渡り廊下が架かっているが、これらも年に一度の行事のための仮設であるらしい。

071401

Photo/住吉大社御田植祭、苗を植える植女たち-’11.06.14

午後1時過ぎからはじまった御田植祭の次第は以下のとおり
・修祓-神田を祓い清め、神水を田に注ぐ
・早苗授受-中央舞台で植女から替植女に早苗が渡され、替植女は田に植付をはじめる
・田舞-巫女姿の八乙女が舞台中央の風流花傘を軸に円形で舞う
・神田代舞-御稔女が豊穣祈願の神楽を舞う
・風流武者行事-中央舞台で侍大将が武運長久を祈る所作を演じる
・棒打合戦-御田の畔の東西から甲冑武者が陣太鼓・陣鐘・法螺貝を吹き鳴らし、紅白に分かれた雑兵が六尺棒にて合戦を演じる。
・田植踊-舞台と畔にて早乙女らによる田植踊
・住吉踊-舞台では住吉踊大傘の柄を叩きながら、畔では百人以上の童女らが歌に合せて踊る
といった流れでざっと一時間半近くを要したか。

071402

Photo/住吉大社御田植祭、八乙女たちが舞台へと渡る-’11.06.14

それぞれの役を演じる人々だけで300人は要したろうという大所帯で、老若男女の氏子衆ばかりか、住吉踊の童女なぞは近くの小学校からの学校ぐるみの参加なのだろう。
眼前に繰り広げられる賑やかにショーアップ化された運びを見ながら、この神事のスタイルが現在のような形にいつごろ定着してきたものかといろいろ思いめぐらせていた。
「社伝によれば、約1800年の昔、第四本宮御祭神の神宮皇后が大社を御鎭祭の後、長門国植女を召して御供田を植えさせられたに始まる」というその由緒についてはいわば伝承の世界、その真偽のほどを云々する要もあるまい、。
いつの頃からか、「植女の役を代々担ってきたのは嘗て社領でもあった堺乳守の遊女だった」ともある。乳守-今の御陵前南半町東辺り-は、龍神-今の宿院栄橋町辺り-と並んで堺の二大遊郭といわれ、その歴史も戦国の自治都市堺の時代に遡りうるから、その頃からかあるいは江戸の頃からか、乳守の遊女たちが植女の奉仕をしてきたのかもしれない。
時代は下って、明治維新の頃には中断された時期があるという。その中断をはさんで以後は昭和の戦前まで新町廓の芸妓衆が植女を務めてきたといい、そして現在は上方文化芸能協会による奉仕である、という。もちろんこの団体も大阪の芸妓衆が寄る近代化した組織だから、その内実は同じことで、浪速の街の芸妓衆が植女を演じてきたわけで明治から連綿と続いてきたことになる。
さらにつけ加えると、この御田植神事の「芸能」が無形文化財に選定されたのが昭和46年、そして昭和52年には、芸能ばかりでなく農事も含め御田植神事全般が重要無形民俗文化財に指定された、とのことである。

071403

Photo/住吉大社御田植祭、武者たちの行列-’11.06.14

ネットで調べてみたが、現在各地で催されている御田植は、此処の形式や構成に比べてかなり素朴なもののようだが、その詳細まではよくわからない。ひとつ参考になるのが、多賀大社と住吉大社の御田植の模様を解説並記したサイトだ。
「多賀大社においては田植えとほぼ同時進行で、田楽・弓舞・湯立神楽・豊栄舞・囃し田そして尾張万歳が奉納される。」
とあり、それらの写真が添えられているが、その構成・運びは、源平よろしく棒打合戦など挿入した住吉の場合ほどに劇的な構成とはいえない。形式において多賀のほうがより古式を伝えているかと見受けられる。

さて、私はこの稿の表題に「神田代舞に疑問?」と掲げた。
「神田代舞」は「みとしろまい」と読むが、これを奉納する舞手を「御稔女-みとしめ-」と呼称している。その舞が、豊穣祈願の神楽といい、能の手振りをとり入れた、雨乞を祈願する龍神の舞だとされているが、私の眼にはとてもモダンなものにしか映らなかったのである。踊り手が芸妓さんなら日舞の手練れということだろうが、その日舞にも古式もあればちょっぴりモダンな味わいの表現もある。しかしこの舞は神楽としている、ならばその振付といい、またその動き、身のこなしといい、このモダン臭はいくらなんでも相応しくなかろう、なんでこうなるの!?
そう見て取ってしまったから、この不思議を自分なりに落着させねばならない。
「神田代舞の歌」として小誌にその歌詞が掲載されている。前歌-短歌/本歌-長歌/後歌-短歌/後詞-長歌の4部形式となっているが、意外にもこの歌に作詞者と作曲者の名が記載されていた。作詞は安江不空、作曲は杵屋佐吉。
「安江不空」-1880~1960明治-昭和の歌人・画家。明治13年1月1日生れ、奈良県出身、名は廉介。京都で富岡鉄斎に師事、東京に出て正岡子規の門で歌を,岡倉天心に絵を学ぶ。明治33年根岸短歌会に入り「馬酔木-あしび-」などに投稿掲載。43年関西同人根岸短歌会を結成した。昭和35年3月23日死去、享年80歳。-出典:日本人名大辞典-
「杵屋佐吉」のほうはご存じ長唄三味線の家元だから、この作曲者がはたして何代目の佐吉にあたるのかだが、4代目-1884~1945-なら襲名が1904-M37-年、5代目-1929~1993-なら1952-S27-年の襲名とあり、5代目佐吉との協働だったと考えるのが妥当だろう。
要するに「神田代舞の歌」が新しく創作され成立したのは、歌人安江不空最晩年の昭和30年代前半、ということになるのではないか。そう考えれば、このモダン臭の強い「神田代舞」の振付所作も合点のいくものとなるのだ。
ならば抑も、この御田植神事の内に、古来から「神田代舞」が伝承されてあり、何らかの事情で途絶え、元の歌も舞の資料も保存なく、これを復活させるため新たに作られたものか、あるいは昭和30年代のこの時にまったく新しく挿入付加された神事なのか、それが問題だが、そこのところは住吉大社側に直かにあたらないことには明らかにはなるまい。

071404

Photo/住吉大社御田植祭、神田代舞の御稔女-’11.06.14

ところで、無形文化財などの制度が成ったのは、1950-S25-年制定の文化財保護法に拠るものである。
しかし、当初の制度では「現状のまま放置し、国が保護しなければ衰亡のおそれのあるもの」を選定無形文化財として選定するという、消極的保護施策であったから、1954-S29-年の改正により、選定無形文化財の制度は廃止され、「衰亡のおそれ」あるか否かではなく、あくまでも無形文化財としての価値に基づき、重要なものを「重要無形文化財」に指定する、という積極的な保護制度に変わっている。
おそらくはこのあたりの背景が、御田植祭の形式・構成のありようを膨らませ、より劇的なものに改良させたのではないかという推量も成り立つ。
先に掲げた式次第をあらためて眺めてみれば、神事の古層を伝えると思われるものは、修祓/早苗授受/田舞/田植踊くらいではないか。田舞自体に豊穣祈願の意味が込められていたろうから、神事の原型としてはこれで充分な筈だ。そこへ神田代舞/風流武者行事/棒打合戦と加われば、俄然劇的な構成となりまた壮大な絵巻世界ともなってくる。おそらく住吉踊は、神社に別様に伝わるもので、神事の最後に置かれた。この歌詞はどう見ても明治以後の成り立ちだろうが、メデタメデタと言祝ぐ踊りだから、これを付け足せば立派なエピローグともなって、一座は大団円のうちに幕となるわけだ。


―山頭火の一句― 行乞記再び-昭和7年-186

7月14日、曇、まだ梅雨模様である、もう土用が近いのに。
今日も待つてゐる手紙がない、旅で金を持たないのは鋏をもがれた蟹のやうなものだ。手も足も出ないから、ぼんやりしてゐる外ない、造庵工事だつて、ちつとも渉らない、そのためでもあるまいが、今日は朝から頭痛がする。‥‥
山を歩く、あてもなしに歩きまはつた、青葉、青葉、青葉で、ところどころ躑躅の咲き残つたのがぽつちりと赤いばかり。
めづらしく句もない一日だつた、それほど私の身心はいぢけてゐるのだらうか。

※この日句作なし、表題句は7月10日記載の句

071405

Photo/川棚の大楠の森に立つ山頭火句碑-’11.04.30

人気ブログランキングへ -読まれたあとは、1click-

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 13, 2011

ひとりなれば山の水のみにきた

Santouka081130079

―表象の森― 浮遊する世界

・B.カスティリオーネの「廷臣論」1528
Dicendo ogni cosa al contrario –
すべてのことを「裏返しに」いえば、万事がずっと美しくなる-
この書は、マキァヴェルリの「君主論」の現実主義に対する「理想主義的」反論であり、ヨーロツパの宮廷生活様式のみならず、芸術・文学・音楽上のbella maniera-美しい手法-を牛耳ることになった。

071301

・パルミジァニーノ「子イエスと天使たちのもとなる聖母」の優雅と繊細
繊細さは「綺想異風」芸術の不可欠の要素。それは精巧さの一構成因子であり、精神性豊かな美の一要素、秘匿されたものを可視的なものにする手段である。
血の色をした胸にかすかに触れたおそろしく長い手の聖母は、坐っているというより「浮遊」しているように見える、さなから中心の「真空」を創り出すために、重みのあるものを周辺に排除するように。
  ―G.R.ホッケ「迷宮としての世界-上-」岩波文庫より


―山頭火の一句― 行乞記再び-昭和7年-185

7月13日、雨、雨、雨、何もかもうんざりしてゐる、無論、私は茶もなく煙草もなく酒もなくてぼんやりしてゐるが。
正法眼蔵啓迪「心不可得」の巻拝読。
白雲去来、そして常運歩-其中庵は如何-。
とうとう我慢しきれなくなつて、おばさんからまた金20銭借る、それを何と有効に使つたことか―郵券2銭1枚、ハガキ2枚、撫子一包、そして焼酎一合!
私もどうやらかうやらアルコールから解放されさうだ、といつて、カルチモンやアダリンはまつぴらまつぴら。
午後、ぶらぶら歩いて、谷川の水を飲んだり、花を摘んだりした、これではあまりに安易すぎる、といつて動くこともできない、すこしいらいらする。

※表題句の外、1句を記す

071302

Photo/下関市豊浦町宇賀の福徳稲荷神社-’11.04.30

人気ブログランキングへ -読まれたあとは、1click-

| | Comments (8) | TrackBack (0)

July 12, 2011

なく蠅なかない蠅で死んでゆく

Dc091226153

―四方のたより― エッ!? 三枝が文枝襲名

上方落語の定席小屋として天満の繁昌亭を成功させ、現在も上方落語協会の会長を務める桂三枝が、文枝襲名をするという報道に、我が耳を疑う思いがよぎった。
上方落語の大名跡を襲名といった形容が躍るが、60年代末から一躍マスコミの寵児となり半世紀近くも君臨しつづけるかたわら、創作落語なる独自の話芸世界を創りあげ、落語家としても押しも押されぬ名題となった「三枝」を、由緒ある名跡とはいえいまさらなぜ「文枝」に改めなければならないのか、どうにも首を傾げざるをえないものがつきまとう。
角界でいえばあの大鵬が一代年寄大鵬であるように、三枝はどこまでも三枝でよいではないか。だいいち三枝が六代目文枝となって、ならばいったい三枝の名跡を襲うに足る者がはたしてありうるのか。いまの上方落語会界を見渡して、六代目文枝の候補なら三枝以外にも居ないわけではなかろうが、三枝を託せる者など居るはずがないではないか、というのが門外漢からみたニユートラルな感覚だ。
門外漢とは世間さまというものの眼、圧倒的なひろがりをもつ大衆というものの幻想だ。その幻想のうちに半世紀近くもあざやかに存在しつづけた「三枝」を消滅させてしまってまで文枝襲名を為そうという、そんな愚を犯す上方落語界とは、いったいなにさま、いかほどの伝統芸能の殿堂だというのだろう。
嘗て露の五郎が、晩年になって露の五郎兵衛を名乗ったのなんざ、粋人の洒落っ気ですむだろうが、この襲名話、業界臭芬々として、こちとら門外漢には嫌な気が先に立つ。
だが、それにしても、三枝も三枝だねェ、重い立場に座りつづけて、とうとう彼もヤキがまわったか。

<日暦詩句>-36

  「風にしたためて」  川崎洋

眼がさめると少年は
ろうたけた藤色に透けていた

そんな物語りの始まりのような
或る涼しい朝に

風にしたためて

いくつかの山や川を越えて
村を越えて
白い柵の向こうで栗毛の馬が
悪戯な子に麦藁帽子を噛まされて
大変迷惑千万な
そんな風景をずんずん越えて

せきれいのように越えて
とある家の
くるみ色に明るい窓をくぐって

あのやさしく美しかった人へ

こうして
かぜにしたためて

  -川崎洋詩集-S43-より

071201

Photo/’93刊の「教科書の詩を読み返す」

川崎洋-1930年、東京生れ。’44年に福岡へ疎開。西南学院英文科に学ぶも父の急死により’51年中退。上京し、土工や日雇労務者、警備員、通訳などを経て、放送作家となる。
1953年茨木のり子らと詩誌「櫂」を創刊。詩集「はくちょう-‘55」「木の考え方-‘64」「川崎弘詩集-‘63」。「ビスケットの空キカン-‘87」など。
1971年には文化放送のラジオドラマ「ジャンボ・アフリカ」の脚本で、放送作家として初めて芸術選奨文部大臣賞を受けた。日本語の美しさを表現することをライフワークとし、全国各地の方言採集にも力を注いだ。’04年没。


―山頭火の一句― 行乞記再び-昭和7年-184

7月12日、雨、降つたり降らなかつたりだが、小月行乞はオヂヤンになつた、これでいよいよ空の空になつた。
啓迪を読みつづける、元古仏の貴族的気凛に低頭する。‥‥
ありがたい品物が到來した、それはありがたいよりも、私にはむしろもつたいないものだつた、―敬治君の贈物、謄写器が到來したのである、それは敬治君の友情そのものだつた、―私はこれによつてこれから日々の米塩をかせきだすのである。
今夜も千鳥がなく、虫がなく。‥‥

071202

Photo/「川棚温泉開基」の看板が掛かつた三恵寺のお堂

※表題句の外、1句を記す

人気ブログランキングへ -読まれたあとは、1click-

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 11, 2011

ふたゝびこゝに花いばら散つてゐる

Santouka081130078

―表象の森―「一致する不一致」

D.E.テサウロの長い題名をもった著書「神聖なるアリストテレスの原則によって解説せられたる‥アリストテレスの望遠鏡、あるいは機智鋭い文章作法の理念」-1645-
一致する不一致
「鋭い明察にめぐまれた者は、おのずと凡人とは区別される。彼はまず切り離し、しかるのちに結び会わせるのである」
「真の詩人とは、もっともかけはなれた関係にあるものをたがいに結びつける才のあるものである」

ルネッサンス―古典時代の崇高な様式化から新しい「マニエリスム的」表現に向かう決定的で生命力の横溢した移行は、老ミケランジェロの作品にいたってようやくひとつの精神史的な事件となる。
曰く「絵は手で描くのではない、頭で描くのだ」。
システィーナ礼拝堂の「最後の審判-1541-」、パオリーナ礼拝堂の「パウロの改宗-1545-」および「ペテロの磔刑-1550-」
、あるいは彼の晩年の諸素描をみればよい。この老ミケランジェロのやむにやまれぬ表現への衝動によって、静止的な調和概念とその合理的な収斂技術は木端微塵に砕けさり、その劇的情景を生む躍動、人目を驚かす奇抜な構図による衝撃作用は、一朝にして自然の模倣者たちを俗物的存在へと貶めてしまうのだ。
  ―G.R.ホッケ「迷宮としての世界-上-」岩波文庫より

071101

Photo/ミケランジェロ「パウロの改宗-1545-」



―山頭火の一句―
行乞記再び-昭和7年-183

7月11日、4時前に起きた、掃除して湯に入つて、朝課諷経してゐるうちに、やうやく夜が明けた。
すなほでない自分を見た、同時に自分の乞食根性を知つた。‥‥
今日はどうやらお天気らしいので近在を行乞するつもりだつたが、どうしたわけか-酒どころか煙草すらのめないのに-痔がわるくて休んだ、コツコツ三八九復活刊行の仕事をやつた。-略-
夜は妙青寺の真道長老を訪ねて暫時閑談、雪舟庭の暗さから青蟇の呼びかけるのはよかつた、蛍もちらほら光る、すべてがしづかにおちついてゐる。
正法眼蔵啓迪を借りて戻る、これはありがたい本であり、同時におもしろい本である-よい意味で-。
また不眠だ、すこし真面目に考へだすと、いつも眠れなくなる、眠れなくなるやうな真面目は嘘だ、少なくとも第二義第三義的だ。
しかし不眠のおかげで、千鳥の声をたんまり聴くことができた。
どこかそこらで地虫もないてゐる、一声を長くひいてはをりをりなく、夏の底の秋を告げるやうだ。

※表題句の外、2句を記す

071102

Photo/妙青禅寺境内の渡り廊下-’11.04.30

人気ブログランキングへ -読まれたあとは、1click-

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 10, 2011

ゆふべのラヂオの泣きたうなつた

10122440

―四方のたより―同行二人?

お気づきだろうか、7月に入ってから「山頭火の一句」の行乞記日付と、ブログ投稿の日付が一致しているのを。
偶々6月30日時点でちょうどピタリと重なったのだが、その折り、このところ何日も空けたり滞りがちだった投稿を以前のように連日書き起こし、同行二人よろしく行けるところまでいってみようと、些か大袈裟だが一念発起した次第。
とはいうものの、山頭火行乞記のほうは、念願の其中庵がめでたく小郡で結庵にいたる9月20日まで、一日も欠かさず続いているのだから、これは少しばかり難行。元来飽き性で不精者のこの身には、果たしてどこまで伴走できるものか、心許ないかぎりではあるが‥。

<日暦詩句>-35
「burst―花ひらく」   吉野弘

 事務は 少しの誤りも停滞もなく 塵もたまらず
ひそやかに 進行しつづけた。

 三十年。

 永年勤続表彰式の席上。

 雇主の長々しい讃辞を受けていた 従業員の中の一人が
蒼白な顔で 突然 叫んだ。

 ――諸君
   魂のはなしをしましょう
   魂のはなしを!
   なんという長い間
   ぼくらは 魂のはなしをしなかったんだろう
   ――

同輩たちの困惑の足下に どっとばかり彼は倒れた。
つめたい汗をふいて。

 発狂
 花ひらく。

 ――またしても 同じ夢。

   ―詩集「消息」-S32-より

071002

吉野弘―1926年、山形県酒田市に生れる。県立酒田高校卒業後、就職。徴兵検査を受けるが、入隊前に敗戦を迎える。
1949年労働組合運動に専念し、過労で倒れ、肺結核のため3年間療養。
1953年同人雑誌「櫂」に参加。1957年、詩集「消息」、1959年詩集「幻・方法」。1962年に勤務を辞めて詩人として自立。詩画集「10ワットの太陽」、詩集「吉野弘詩集」「叙景」、随筆集「遊動視点」「詩の楽しみ」など。他に合唱曲や中・高校歌の作詞がある。結婚披露宴などでよく引用される「祝婚歌」は著名。長く埼玉県狭山市に居住したが、現在は静岡県に在住。


―山頭火の一句― 行乞記再び-昭和7年-182

7月10日、ほんとうによくふると、けさはおもつた、頭痛がしてぼんやりしてゐた。
夢精! きまりわるいけれど事実だから仕方がない、もつともそれだけvital forceが残つてるのだらう!

※表題句の外、3句を記す

071003

Photo/小郡の其中庵、句碑「いつしか明けてゐる茶の花」-’11.04.30

人気ブログランキングへ -読まれたあとは、1click-

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 09, 2011

おちつかない朝の時計のとまつてる

Dc09122663

―表象の森― 鏡の魔術

「壁の間に影は重く沈む/そしてわたしはわたしの鏡のうちへと降りる/死者がその開かれた墓へと降り行くように」ポール・エリュアール

「鏡の中に/わたしは見る/夢を 鏡の中の夢を 夢見る/やさしい男を」E.E.カミングズ

表現主義・超現実主義芸術にあっては、反映するものと反映されるもの、映像と歪曲―鏡映の例は枚挙にいとまがない。

鏡の隠喩-メタフオー-は古代以来、文学にはしばしば見受けられる。とりわけヘレニズムと中世期に愛好された。盛期ルネツサンス以後、「マニエリスム」において、この隠喩は、不安、死、時間のモテイーフと同様に、ほとんどひとつの幻覚とまでなる。

レオナルドはローマ滞在中、八角形の鏡の間を構築しようとした。視覚の迷宮である。

フランチェスコ・マッツォーラというパルマ生まれの男が、1523年、凸面鏡を前にして、一幅の奇怪な自画像を描いた。
時あたかも、マニエリスムの名をかちえた、新しい、一世を風靡する様式、その初頭にあたっていた。以来150年間、この先端芸術は、ローマからアムステルダムにいたるまで、マドリードからブラハにいたるまで、時代の精神的社会的生活を決定することになったのである。

070901

Photo/フランチェスコ・マッツォーラ「凸面鏡の自画像」

仮面美を思わせる少年の貌は、なめらかで測り難く、謎めいている。表面の分解を通じて、それはほとんど抽象的な印象をさえ喚起する。凸面鏡による遠近法の歪曲の中で、画面の前景を、一個の巨人症的な、解剖学的にはもとより不可解な手が占めている。部屋は眩暈を起こさせるような痙攣的な動きの中に展開する。窓はそのごく一部分だけが、わずかに、やはり歪んだ形で見えていて、それが弧状の長辺三角形を形づくっており、光と影がそこに異様な徴を、驚異を喚び起こす象形文様-ヒェログリフ-ょ生みなしているように見える。
このメダル状の形をした画面は、機略縦横の才智を生む定式の解説図の用をなしている。それは、当時の概念を援用していうなら、才気煥発の綺想体-Concetto-すなわち視覚的形態における、鋭敏な先端絵画である。

「マニエリスムはヨーロッパ文学のひとつの常数」また「あらゆる時期の古典主義への相補-現象である」E.R.クルティウス

<五つのマニエリスム的時代>
・アレクサンドレイア期-BC350―BC150頃
・ローマの白銀ラテン時代-AD14―138頃
・中世初期、とりわけ中世末期-1520―1650に及ぶ「意識的な」マニエリスム時代
・ロマン派運動期-1800―1830
・そして現代直近の1880―1950の時代

これらの時代、そのマニエリスム形式は、いずれもはじめは「擬古典主義」に捕らわれているが、やがてその表現衝動を強化していく。それは「表現的」になり、ついには「歪曲的」「超現実的」「抽象的」になっていく。
  ―G.R.ホッケ「迷宮としての世界-上-」岩波文庫より


―山頭火の一句― 行乞記再び-昭和7年-181

7月9日、空は霖雨、私は不眠、相通ずるものがあるやうだ。
あの晩からちつとも飲まないので、一杯やりたくなつた!
星城子さんの厚情によつて、飯田さん仙波さん寄与の懐中時計が到着した、私が時計を持つといふことは似合はないやうでもあるが、すでに自分の寝床をこしらへつつふる今日、自分の時計を持つことは自然でもあらう-その時計の型や何かは、私の望んだほど時代おくれでもなくグロテスクでもなけれど、三君あればこそ私の時計があつたのである、ありがたいありがたい、ただ口惜しいのはチクタクがちよいちよいと睡ることである、まさか、私のところに来たといふので、酔つ払つたのでもあるまい!-。
動かない時計はさみしく、とまる時計はいらだたしいものである。
うれしいたよりが二つあつた、樹明君から、そして敬治君から。
花ざくろを活ける、美しい年増女か!
石を拾ふついでに、白粉壜を拾うた、クラブ美の素といふレッテルが貼つてあつた、洗つても洗つてもふくいくとしてにほふ、なまめかしい、なやましいにほひだ、しかし酒の香ほどは好きでない、むろん嫌いではない、しばらくならば-これは印肉入にする-。
-略- 当地に草庵をつくるについて、今更のやうに教へられたことは、金の魅力、威力、圧力、いひかへれば金のききめであった。
私は私にふさはしくない、といふよりも不可能とされてゐた貯金を始めることになつた、保証人に対する私の保証物として!-毎月1円-
そして、私がしみじみと感じないではゐられないことは、仏教の所謂、因縁時節である、因縁が熟さなければ、時節が来なければ、人生の事はどうすることも出来ないものである。

※表題句の外、1句を記す

070902

Photo/ハナザクロの赤い花

人気ブログランキングへ -読まれたあとは、1click-

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 08, 2011

墓に紫陽花咲きかけてゐる

Santouka081130077

―表象の森―<日暦詩句>-34

  「繭」   那珂太郎
むらさきの脳髄の
瑪瑙のうつくしい断面はなく
ゆらゆらゆれる
ゆめの繭 憂愁の繭
けむりの糸のゆらめくもつれの
もももももももももも
裳も藻も腿も桃も
もがきからみもぎれよぢれ
とけゆく透明の
鴇いろのとき
よあけの羊水
にひたされた不定形のいのち
のくらい襞にびつしり
ひかる<無>の卵
がエロチックに蠢く
ぎらら
ぐび

びりれ
鱗粉の銀の砂のながれの
泥のまどろみの
死に刺繍された思念のさなぎの
ただよふ
レモンのにほひ臓物のにほひ
とつぜん噴出する
トパアズの 鴾いろの
みどりの むらさきの
とほい時の都市の塔の
裂かれた空のさけび
うまれるまへにうしなはれる
みえない未来の記憶の
血の花火の
  ―詩集「音楽」-S40-より

070801

那珂太郎―1922年福岡市生れ。福岡高校在学中、矢山哲治・真鍋呉夫・島尾敏雄・阿川弘之らの「こゝろ」創刊に参加。43年東京大学国文科卒。50年詩集「エチュウド」。51年「歴程」に参加。65年詩集「音楽」により室生犀星賞・読売文学賞。以後、詩集「はかた」、随想「鬱の音楽」、評論「萩原朔太郎私解」、評論「詩のことば」、詩集「鎮魂歌」など。現在なお存命にて東京杉並の久我山に住む。


―山頭火の一句― 行乞記再び-昭和7年-180

7月8日、雨、少しづつ晴れてくる。
痔がよくなつた、昨春以来の脱肛が今朝入浴中ほつとりとおさまつた、大袈裟にいへば、15ヶ月間反逆してゐた肉塊が温浴に宥められて、元の古巣に立ち戻つたのである。まだしつくりと落ちつかないので、何だか気持悪いけれど、安心のうれしさはある。
とにかく温泉の効験があつた、休養浴泉の甲斐があつたといふものだ、40日間まんざら遊んではゐなかつたのだ。
建ちさうで建たないのが其中庵でござる、旅では、金がなくては手も足も出ない。
ゆつくり交渉して、あれやこれやのわずらひに堪へて、待たう待たう、待つより外ない。
臭い臭い、肥臭い、ここでかしこで肥汲取だ、西洋人が、日本は肥臭くて困るといふさうだが、或る意味で、我々日本人は糞尿の中に生活してる!

※表題句の外、9句を記す

070802

Photo/山口ふたり旅―山口市小郡の其中庵にて-’11.04.30

人気ブログランキングへ -読まれたあとは、1click-

| | Comments (0) | TrackBack (1)

July 07, 2011

畦豆も伸びあがる青田風

101224105

―表象の森― 古典様式とマニエリスム

古典様式は神秘という「秘匿されたもの」を、「悟性的な」単に「昇華された」自然において描き出そうとし、
マニエリスムは「秘匿されたもの」を、「寓意的な」「イデア」のうちに往々にして「デフォルメされた」自然において力を発顕せしめようとする。
かくて形而上学的意味でも、二つの相異なった、とはいえ存在論的関連においてはいずれもそれなりに存在関連的な、「人間性の原身振り-ウル・ゲベルデ-」と関わり合うのである。
そのいずれもが―それぞれ相異なるあり方で―深淵的なものに関連づけられている。
古典主義者は神をその本質-エッセンス-において描き出し、
マニエリストは神をその実存-エクジステンツ-において描き出す。
古典様式の危険は「硬化」であり、マニエリスムの危険は「解体」である。
緊張としてのマニエリスムなき古典様式は擬古典主義に堕し、抵抗としての古典様式なきマニエリスムは衒気生へと堕するのである。
  ―G.R.ホッケ「迷宮としての世界-上-」岩波文庫より

070701

Photo/ヤコボ・ダ・ボントルモの「十字架降下」1523-1530


―山頭火の一句― 行乞記再び-昭和7年-179

7月7日、雨、空は暗いが私自身は明るい、其中庵が建ちつつあるのだから。―
しかし今日も行乞が出来ないので困る、手も足も出ない、まつたくハガキ一枚も出せない。
時々、どしやぶり、よう降るなあ!
昨日も今日も、そして明日も恐らくは酒なし日。
どこの家庭を見ても、何よりも亭主の暴君ぶりと妻君の無理解とが眼につく、そしてそれよりも、もつと嫌なのは子供のうるさいことである。
歯痛がやんだら手足のところどころが痛みだした、一痛去つてまた一痛、それが人生だ!

※表題句の外、4句を記す

070702

Photo/山口ふたり旅―青海島の奇巌めぐり-’11.05.01

人気ブログランキングへ -読まれたあとは、1click-

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 06, 2011

ほつくりぬけた歯を投げる夕闇

Dc091226106

―表象の森― G.ベイトソン「天使のおそれ」

「天使おそれて立ち入らざるところ」とはいかなる場所か‥

図書館で借りたG.ベイトソンの遺著というべきか、「天使のおそれ」を一応読了。
読むには読んだが、茫としてまとまった評の紡ぎようもない、というのが正直なところ。
やはり「精神の生態学」や「精神と自然」から読むべきなのだろう。

070604

mind in nature ―自然の中の精神-こころ-
―精神過程の世界― 本文P40より
1. 精神-こころ-とは相互に作用しあう複数の部分ないし構成要素の集合体である。
2. 精神-こころ-の各部分のあいだで起こる相互作用の引き金を引くものは差違である。
3. 精神過程は傍系エネルギーを必要とする。
4. 精神過程は、循環的-またはそれ以上に複雑な-決定の連鎖を必要とする。
5. 精神過程においては、差違のもたらす結果をそれに先行する出来事の変換形-コード化されたもの-と見なすことができる。
6. これら変換プロセスの記述と分類によって、その現象に内在する論理階型の階層構造-ハイラーキー-が明らかになる。

<日暦詩句>-33

070603

Photo/二十歳の頃の山之口貘

「鼻のある結論」     山之口貘
ある日
悶々としてゐる鼻の姿を見た
鼻はその両翼をおしひろげてはおしたゝんだりして 往復してゐる呼吸を苦しんでゐた。
呼吸は熱をおび
はなかべを傷めて往復した
鼻はつひにいきり立ち
身振り口振りもはげしくなつて くんくんと風邪を打ち鳴らした
僕は詩を休み
なんどもなんども洟をかみ
鼻の様子をうかゞひ暮らしてゐるうちに 夜が明けた
あゝ
呼吸するための鼻であるとは言へ
風邪ひくたんびにぐるりの文明を掻き乱し
そこに神の気配を蹴立てゝ
鼻は血みどろに
顔のまんなかにがんばつてゐた

またある日
僕は文明をかなしんだ
詩人がどんなに詩人でも 未だに食はねば生きられないほどの
それは非文化的な文明だつた
だから僕なんかでも 詩人であるばかりではなくて汲取屋をも兼ねてゐた
僕は来る日も糞を浴び
去く日も糞を浴びてゐた
詩は糞の日々をながめ 立ちのぼる陽炎のやうに汗ばんだ
あゝ
かゝる不潔な生活にも 僕と称する人間がばたついて生きてゐるやうに
ソヴィエット・ロシヤにも
ナチス・ドイツにも
また戦車や神風号やアンドレ・ジイドに至るまで
文明のどこにも人間はばたついてゐて
くさいと言ふには既に遅かつた

鼻はもつともらしい物腰をして
生理の伝統をかむり
再び顔のまんなかに立ち上つてゐた
  -「山之口貘詩文集」講談社学芸文庫より

070602


―山頭火の一句― 行乞記再び-昭和7年-178

7月6日、雨、今日も行乞不能、ちよんびり小遣いが欲しいな!
終日歯痛、歯がいたいと全身心がいたい、一本の歯が全身全心を支配するのである。
夕方、いたむ歯をいぢつてゐたら、ほろりとぬけた、そしていたみがぴたりととまつた、―光風霽月だ。
これで今年は三本の歯がなくなつた訳である、惜しいとは思はないが、何となくはかない気持だ。
くちなしの花を活ける、町の貴公子といつた感じがある。

※表題句の外、1句を記す

070601

Photo/昭和7年1月、市街を行乞する山頭火-春陽度文庫「山頭火アルバム」より

人気ブログランキングへ -読まれたあとは、1click-

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 05, 2011

明日は出かける天の川まうへ

Santouka081130005

―四方のたより―「市岡OB美術展」開催中

3日の日曜日から9日の土曜日まで、もう何回目かな、11イヤ12回か―。
市岡高校OB美術展が、
例によって、西天満の大阪現代画廊・現代クラフトギャラリーにて開催している。
Obbijyutu

昨夕、行ってきた。
お馴染みのメンバーの、絵画・彫刻から書や写真、凝り型から付焼刃-失礼!-まで、相変わらず玉石混淆の作品が並ぶが、
これが―ICHIOKA、これぞ―ICHIOKAなのだ。

070503

実は同期の3名を誘って、会場で落合おうといっていたのだが、そのうちの一人がいつまで経っても姿を見せない。
携帯で連絡を取ると、どうにも聞き取れない声が途切れ途切れに響く。どうやら梅田地下あたりですでに呑んだくれているらしい。
雨がぽつぽつと降り出した中を移動、ようやく4人揃って、めでたく飲み会とはなったが、ひとり先行馬はすでに酩酊状態だから話題も混戦模様。
二軒目、長い長いコーヒーブレイクとなった店では、椅子に腰掛けたままひたすら眠りつづける酩酊氏をよそに、延々と2時間ばかり三人で喋りまくっていた。


―山頭火の一句― 行乞記再び-昭和7年-177

7月5日、曇、例の風が吹くので、同時に不眠の疲労があるので、小月行乞を見合わせて籠居。
きのふのゆふべの散歩で拾うてきた蔓梅一枝-ねぢうめともいふ-を壺の萩と挿しかへたが、枝ぶり、葉のすがた、実のかたち、すべてが何ともいへないよさを持つてゐる、此木は冬になつて葉が落ち実がはじけた姿がよいのだが、かうした夏すがたもよかつた。
句集「鉢の子」がやつときた、うれしかつたが、うれしさといつしよに失望を感ぜずにはゐられなかつた、北朗兄にはすまないけれど、期待が大きかつただけそれだけ失望も大きかつた。装幀も組方も洗練が足りない、都会染みた田舎者! といつたやうな臭気を発散してゐる-誤植があるのは不快である-、第二句集はあざやかなものにしたい!
払ふべきものを払へるだけ払つてしまつたので、また、文なしとなつちやつた、おばさんにたのんでアルコール一壜をマイナスで取り寄せて貰ふ、ぐいぐいひつかけて昼寝した。‥‥
夜は宿の人々といつしよに飲んでしまつた、アルコールのきゝめはてきめん、ぐつすりと朝まで覚えなかつた。

※この日句作なし、表題句は7月4日記載の句

070504

Photo/三恵寺の石仏たち-’11.04.30

人気ブログランキングへ -読まれたあとは、1click-

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 04, 2011

山路はや萩を咲かせてゐる

10122427

―四方のたより― 再び、Kへ

今朝は4時に眼が覚めた。
久しぶりに4時半頃から散歩に出た。住吉公園を周回し大社の方へとお定まりのコース。
住吉大社の御田では、先月の御田植祭の折り設えられていた神楽舞台も橋懸りの渡り廊下も姿を消して、稲は水面から一尺ほどにも育って青一色。
石舞台の門前で一息入れて、こんどは住吉川の沿道コースへ。ここでも途中一息入れたが、帰着が6時10分頃の計1時間40分で9587歩。久しぶりなのに長丁場だったから少々へばり気味なのは無理もないか。

070401

Photo/今年の住吉大社御田植祭の一齣―’11.06.12

以下は前日のKからの便りへの返し。

お便り拝見―
神戸空襲の直撃だけでなく、あの太平洋戦争の所為で、貴方の家族や親族はずいぶん酷い目に遭っていたのですね。短い文の中に詰まった悲惨な出来事の数々に驚き入ってます。
私の家族も大阪空襲-私自身は生後8ヶ月-に遭っていますが、身内ではとくに犠牲者を出すこともなかったようで、昔語りに聞きかじって記憶していることは、日支事変の頃は徴兵でとられていた親父も、その頃は兵役も終え、鉄工所の経営に専念できていたのでしょう。空襲に備えて自宅兼鉄工所の地下にわざわざ自前の防空壕を造っていたといいます。すわ空襲という時、みなその防空壕に入って息をひそめたはいいが、なにしろ商売が商売、家には在庫の鉄材や座金などの製品がそれこそ山ほどあるのですから、爆撃が続くほどにそれらが焼けて焦熱地獄の直下の防空壕とあいなるわけです。こりゃいかんとみんな飛び出して、近くの防空壕に駆け込んだ、などと笑えぬオチがついた話を聞かされたことがあります。その焦熱と化した鉄の山は、一週間ほども燻りつづけていたっけ、という尾ひれまでついて‥。
さて、「弟の壁」問題ですが、不動産を担保に多額の借金をするというのは、私の知らなかった新事実―家屋が母親と彼-弟-の名義―を前にしては、到底彼の承諾を得られますまいから、諦める外ないと思います。ただ念のため、土地も建物も実際はどうなっているのか登記事項を確認するため、法務局の伊丹支局へ行ってみようとは思います。
そして彼女のこと―、この秋の来日は延ばして、貴方がこんどネパールへ行って、次に戻ってくる際に一緒に、というのは承知、それがよいのではと思います。
彼女や彼女の家族のために、なにがしかのものを遺してやりたい、という気持は分ります。そこでこれまでの生活パターンを変える工夫をしたほうがいいのではないかと提案したい。要するに、ポカラでの滞在を主体にし、日本で過ごす期間を必要最低限にするのです。
貴方の年金収入なら、そうすることで余計な支出を節約し、預貯金をぐんと増やすことが出来る筈です。これまではほぼ半々のポカラと宝塚の生活ですが、これを9:3あるいは10::2くらいにまですれば、かなりの余剰が出てくるのではないですか。100万貯めることも容易にできるでしょう。
仮にその方法を採るなら、二階の居候氏の問題も、そのまま最低家賃を貰って、留守番代わりに置いておく、というのが賢明な策となりましょう。もちろん、彼の同居人などはいっさい認めない、また家屋の改変はしてはならない、とか最低必要な約定を交わしてのことですが。
また、今度、そちらへ行った時に詳しく話をしましょう。 ―7月3日、返信


―山頭火の一句― 行乞記再び-昭和7年-176

7月4日、晴、一片の雲もない日本晴。
発熱、頭痛、加之歯痛、快々として楽しまず、といふのが午前中の私の気分だつた。
裏山から早咲の萩二枝を盗んで来て活ける、水揚げ法がうまくないので、しほれたのは惜しかつた。
萩は好きな花である、日本的だ、ひなびてゐてみやびやかである、さみしいけれどみすぼらしくはない、何となく惹きつける物を持つてゐる。
訪ねてゆくところもなく訪ねてくる人もない、山を家とし草を友とする外ない私の身の上だ。
身元保証-土地借入、草庵建立について-には悩まされた、独身の風来坊には誰もが警戒の眼を離さない、死病にかゝつた場合、死亡した後始末の事まで心配してくれるのだ!
当家の老主人がやってきて、ぼつりぼつり話しだした、やうやく私といふ人間が解つてきたので保証人にならう、土地借入、草庵建立、すべてを引受けて斡旋するといふのだ、晴、晴、晴れきつた。
豁然として天気玲瓏、―この語句が午後の私の気分をあらはしてゐる。
それにしても、私はこゝで改めて「彼」に感謝しないではゐられない、彼とは誰か、子であつて子でない彼、きつてもきれない血縁のつながりを持つ彼の事だ!
夜ふけて、知友へ、いよいよ造庵着手の手紙を何通も書き続けてゐるうちに、何となく涙ぐましくなつた、ちょうど先日、彼からの手紙を読んだ時のやうに、白髪のセンチメンタリストなどゝ冷笑したまふなよ。
とうとう今夜も徹夜してしまつた。

※表題句の外、2句を記す

070402

Photo/小郡、其中庵の前にて―’11.04.30

人気ブログランキングへ -読まれたあとは、1click-

| | Comments (47) | TrackBack (2)

July 03, 2011

みんな売れた野菜籠ぶらぶら戻る

Dc09122678

―四方のたより― Kからの返信

 一昨日の便りで「人間の歴史は有史以来どの時点でも末法だった」と言われましたが、正にその通りで、ぼくは以前から痛感していました。
7歳の時の神戸大空襲の体験が地獄そのものでした。逃げまどうぼくらの前に爆弾が落ち、地中の水道管に当たって不発になり、危うく一命は維持したものの、火が横に飛び、死体が転がる中を逃げ回り、なんとか助かりましたが、家は全焼してしまいました。歯はガタガタと鳴りつづけていました。それでも鉄道員の父は、家族を非番の友人に頼んで出勤していきました。その時ぼくは、このよの非情さを知ったのです。
その直後に父は過労死し、可愛がってくれた叔父は戦死、祖父は船の転覆で、大事にしてくれた従姉妹の姉さんまで肺病で逝きました。その後のぼくは文盲の祖母と二人の極貧の暮しをつづけたわけです。そのあいだに村の図書館を利用して知識だけは水準まで持っていけたはずです。
 こうした幼い時からの非情な体験から、末法のような境地を持つようになっていったようです。それで割と平気な顔をしながら、曲がった遅い足取りで世界を歩けました。そして阪神大震災のとき崩れた本に埋まりながらも、燃えさかる石油ストーブをなんとか消し止めることができました。その助かった命をネパールで具体的に生かせました。
だから西洋やキリスト教の言う天国なんてものは信じません。萩原朔太郎の詩に「天上縊死」というのがあり、天国に行き退屈のあまり首吊って死ぬという内容なのです。もちろんアイロニーですが、ここに人間の興味や悲しみが見える気がします。要するに人間は、どうしようもないオモロイ存在なのでしょう。

070301

 貴兄の「末法」から、ぼくの思いを少し書いてみました。
さて問題の彼女のことですが、現在こちらへの直行便もないし、来日も初めてのことなのでこの秋はあきらめ、条件が整えば、来年ぼくと一緒に来るようにしようかと考え直しています。彼女は母親と大学2年の妹を、月給1万円足らずで抱えていますので大変です。ある程度のまとまったものは遺して逝きたいと思っています。向こうは利息が高いので、始末すれば相当期間暮らせるはずです。これを得るのに弟との壁が難関です。
またいろいろお力添え頂けるようにお願い致します。
 二階に住む居候氏のことはS君から聞いて下さったと思いますが、会った時に話をしますので、よろしく‥。それから会報の件ですが、近く原稿や写真をそろえますので、版下印刷のほうをよろしくお願い致します。
暑さ厳しき折、いっそうのご自愛をお祈り申し上げます。
  ―7月2日、K.Y―

―山頭火の一句― 行乞記再び-昭和7年-175

7月3日、晴、これで霖雨もあがつたらしい、めつきり暑くなつた。
朝は女魚売の競争だ、早くまはつてきた方が勝だから、もう6時頃には一人また一人、「けふはようございますか」「何かいらんかのう」。
農家のおぢいさんが楊桃を売りに来た、A伯父を想ひだした、酒好きで善良で、いつも伯母に叱られてばかりゐた伯父、あゝ。-略-
朝の散歩はよいものである。孤独の散歩者であるけれど、さみしいとは思はないほど、心ゆたかである。
振衣千仞岡、濯足万里流-といふ語句を読んでルンペンの自由をふりかへつた。
いつしよに伸べてゐた手をふと見て、自分の手が恥づかしかつた、何と無力な、やはらかな、あはれな手だろう。-略-
今日は日曜日のお天気で浴客が多かつた、大多数は近郷近在のお百姓連中である、夫婦連れ、親子連れ、握飯を持つて来て、魚を食べたり、湯にいつたり、話したり寝たり、そして夕方、うれしげに帰つてゆく、田園風景のほがらかな一面をこゝに見た。

※表題句の外、4句を記す

070302

Photo/妙青禅師門前の風景-’11.04.30

人気ブログランキングへ -読まれたあとは、1click-

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 02, 2011

ほつくりぬけた歯で年とつた

Santouka081130004

―表象の森― cargo cult

「本当のカーゴ・カルト-cargo cult 積荷信仰-の特徴は、結果の生産そのものよりも結果の期待を優位におく点にある。
これまで期待通りには決して起こらなかった、ありえないような成功を予告するという点で、開発政治―発展主義のイデオロギー―もまた、ある意味カーゴ・カルト―欲望の対象となっても、実際には決して生み出されることのない財を救済史観的に期待する行為―ではないだろうか。」 ―Bernard Hours

<日暦詩句>-32

070202

「根府川の海」   茨木のり子

根府川
東海道の小駅
赤いカンナの咲いている駅

たっぷり栄養のある
大きな花の向こうに
てーいつもまっさおな海がひろがっていた

中尉との恋の話をきかされながら
友と二人ここを通ったことがあった

あふれるような青春を
リュックにつめこみ
動員令をポケットに
ゆられていったこともある

燃えさかる東京をあとに
ネーブルの花の白かったふるさとへ
たどりつくときも
あなたは在った

丈高いカンナの花よ
おだやかな相模の海よ

沖に光る波のひとひら
ああそんなかがやきに似た
十代の歳月
風船のように消えた
無智で純粋で徒労だった歳月
うしなわれたたった一つの海賊箱

ほっそりと
碧く
国をだきしめて
眉をあげていた
菜ッパ服時代の小さなあたしを
根府川の海よ
忘れはしないだろう?

女の年輪を増しながら
ふたたび私は通過する
あれから八年
ひたすらに不適な心を育て

海よ

あなたのように
あらぬ方をながめながら‥‥。

  -詩集「対話」1955-S35-年より

070203

Photo/根府川の海

―山頭火の一句― 行乞記再び-昭和7年-174

7月2日、同前。
雨、いかにも梅雨らしい雨である、私の心にも雨がふる、私の身心は梅雨季の憂鬱に悩んでゐる。
入浴、読経、思索、等、等、等。
発熱頭痛、まだ寝冷がよくならないのである、歯がチクチク痛む、近々また三本ほろほろぬけさうだ。
聞くともなしに隣室の高話しを聞く、在郷の老人達である、耕作について、今の若い者が無智で不熱心で、理屈ばかりいつて実際を知らないことを話しつづけてゐる、彼等の話題としてはふさはしい。-略-
夕方、五日ぶりに散歩らしい散歩をした、山の花野の花を手折つて戻つた。
今夜初めて蚊帳を吊つた、青々として悪くない-私は蚊帳の中で寝る事をあまり好かないのだが-、それにしてもかうした青蚊帳を持つてゐるのは彼女の賜物だ。
夜おそく湯へゆく、途上即吟一句、-
 「水音に蚊帳のかげ更けてゐる」

※表題句の外、11句を記す

070201

Photo/青海島、奇岩の絵模様-‘11.05.01

人気ブログランキングへ -読まれたあとは、1click-

| | Comments (0) | TrackBack (1)

July 01, 2011

何でこんなにさみしい風ふく

10122416

―表象の森― 詩とはなにか

金子光晴は「腹の立つときでないと詩を書かない」といい、
北川冬彦は「なぜ詩を書くか、私にとっては、現実の与えるショックが私に詩を書かせるのだ、というより外はない」、
高橋新吉は「自然の排泄に任すのである」と。
また、村野四郎は「私は詩の世界にただ魅力を感じるから詩を書きます」といい、
深尾須磨子は゛私が存在するゆえに私は詩を書く」、
田中冬二は「私はつくりたいから、つくるまでであると答えたい」という。

そして、山之口貘自身は、
「詩を象にたとえて見るならば、詩人は群盲なのかも知れない」と呟く。

070101

<日暦詩句>-31

「座蒲団」     山之口貘
  土の上には床がある
  床の上には畳がある
  畳の上にあるのが座蒲団でその上にあるのが楽といふ
  楽の上にはなんにもないのであらうか
  どうぞおしきなさいとすゝめられて
  楽に坐つたさびしさよ
  土の世界をはるかにみおろしてゐるやうに
  住み馴れぬ世界がさびしいよ
   -「山之口貘詩文集」講談社学芸文庫より

―山頭火の一句― 行乞記再び-昭和7年-173

7月1日、木下旅館。
雨、終日読書、自省と克己と十分であつた、そして自己清算の第一日-毎日がさうだらう-。
伊東君に手紙を書く、愚痴をならべたのである、君の温情は私の一切を容れてくれる。
私は長いこと、死生の境をさまようてゐる、時としてアキラメに落ちつかうとし-それはステバチでないと同時にサトリではない-、時として、エゴイズムの殻から脱しようとする、しかも所詮、私は私を彫りつゝあるに過ぎないのだ。‥‥
例の如く不眠がつづく、そして悪夢の続映だ! あまりにまざまざと私は私の醜悪を見せつけられてゐる、私は私を罵つたり憐れんだり励ましたりする。
彼―彼は彼女の子であつて私の子ではない-から、うれしくもさみしい返事がきた、子でなくて子である子、父であつて父でない父、あゝ。
俳句といふものは-それがほんとうの俳句であるかぎり-魂の詩だ、こゝろのあらはれを外にして俳句の本質はない、月が照り花が咲く、虫が鳴き水が流れる、そして見るところ花にあらざるはなく、思ふところ月にあらざるはなし、この境涯が俳句の母胎だ。
時代を超越したところに、いひかへれば歴史的過程にあつて、しかも歴史的制約を遊離したところに、芸術-宗教も科学も-の本質的存在がある、これは現在の私の信念だ。
ロマンチツク-レアリスチツク-クラシツク-そして、何か、何か、何か、-そこが彼だ。

※表題句の外、6句を記す

070102

Photo/豊浦町の福徳稲成神社-’11.04.30

人気ブログランキングへ -読まれたあとは、1click-

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« June 2011 | Main | August 2011 »