« 旅のつかれの夕月がほつかり | Main | 更けて流れる水音を見出した »

January 31, 2011

水音、なやましい女がをります

Dc09122625

―四方のたより―

<日暦詩句>-14
せめて死の時には、
あの女が私の上に胸を披いてくれるでせうか。
  その時は白粉をつけてゐてはいや、
  その時は白粉をつけてゐてはいや。

ただ静かにその胸を披いて、
私の眼に副射してゐて下さい。
  何にも考へてくれてはいや、
  たとへ私のために考へてくれるのでもいや。
   ―中原中也「盲目の秋」より-昭和5年―

―今月の購入本―
・亀井孝/他「日本語の歴史3―言語芸術の花ひらく」平凡社ライブラリー
・亀井孝/他「日本語の歴史4―移りゆく古代語」平凡社ライブラリー
・柳田聖山/梅原猛「無の探求<中国禅>―仏教の思想7」角川文庫
・塚本善隆/梅原猛「不安と欣求<中国浄土>―仏教の思想8」角川文庫
・紀野一義/梅原猛「永遠のいのち<日蓮>―仏教の思想12」角川文庫
・安西冬衛/他「言語空間の探検 全集現代文学の発見-13」新装版、学芸書林
・茨木のり子「倚りかからず」ちくま文庫
・後藤正治「清冽―詩人茨木のり子の肖像」中央公論新社

―12月の購入本―
・G.ドゥルーズ/F.ガタリ「千のプラトー-上-資本主義と分裂症」河出文庫
・G.ドゥルーズ/F.ガタリ「千のプラトー-中-資本主義と分裂症」河出文庫
・G.ドゥルーズ/F.ガタリ「千のプラトー-下-資本主義と分裂症」河出文庫
・梶山雄一/上山春平「空の論理<中観>―仏教の思想3」角川文庫
・鎌田茂雄/上山春平「無限の世界<華厳>―仏教の思想6」角川文庫
・白川静「孔子伝」中公文庫
・小島寛之「世界を読み解く数学入門」角川文庫
・小島寛之「無限を読み解く数学入門」角川文庫
・草刈民代「BALLERINE」幻冬舎
・草刈民代「草刈メソツド」DVD&Book-マガジンハウス

―図書館からの借本―
・吉田伸之「成熟する江戸―日本の歴史17」

―山頭火の一句― 行乞記再び -146
6月3日、同前

雨、まるで梅雨のやうだ、歩いたり、考へたり、照会したり、交渉したり‥、ただ雨露を凌ぐだけの庵を結ぶのもなかなかである。
早朝、雷雨に起きて焼香し読経する。
温泉饅頭を坊ちやんに、心経講話をパパに送つてあげる-伊東君にあてて-。

夕方、一風呂浴びて一本傾けて、そしてぶらぶら歩く、ここにも温泉情調はある、カフヱーと自称するもの二軒、百貨店と自称するもの一軒、食堂二三軒、そこかしこに三味線の音がする、‥いやまて、ビリヤード二軒、射的場も一軒ある。‥

妙青寺拝登、長老さんにお目にかかつて土地の事、草庵の事を相談する-義庵老慈師の恩寵を感じる-、K館主人にも頼む、すぐ俳句の話になる、彼氏も一風かわつた男だ、彼は何だか虫の好かない男だ、とにかく成行に任せる、さうする外ない私の現在である。

山はうつくしい、茶臼山から鬼ケ城山へかけての新緑はとてもうつくしい、希くはそれをまともに眺められるところに庵居したいものだ。

-略- 今夜もまた睡れさうにないから、寝酒を二三杯ひつかけたが、にがい酒だつた、今夜の私としては。――
 アルコールよりもカルチモン
   ちよつと一服盛りましよか

※表題句の外、3句を記す

01310

Photo/妙青寺山門

01311

Photo/妙青寺境内にある雪舟の庭

人気ブログランキングへ -読まれたあとは、1click-

|

« 旅のつかれの夕月がほつかり | Main | 更けて流れる水音を見出した »

Comments

There are some really good ideas here. Cannot wait to put some of these into action. Its incredibly heading to bring great vibrations where the vibrations need to be

Posted by: Blogging to the Bank 3.0 Reviews | February 14, 2011 at 10:53 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54918/50737434

Listed below are links to weblogs that reference 水音、なやましい女がをります:

« 旅のつかれの夕月がほつかり | Main | 更けて流れる水音を見出した »