« 芋虫あつい道をよこぎる | Main | 馬がふみにじる草ははなざかり »

June 17, 2009

晩の仕事の工夫するなり

0509rehea0107

Information – 四方館 DANCE CAFE –「出遊-天河織女篇-」

―四方のたより― You Tube

Dance Café のPhoto AlbumをVideoにしてYou Tubeにuploadしてみた。
まずはこの3月に行った<Reding-赤する>から。
所要時間9分30秒、お時間ある方はご鑑賞下さい。


<連句の世界-安東次男「風狂始末-芭蕉連句評釈」より>

「空豆の巻」-08

  きりぎりす薪の下より鳴出して  

   晩の仕事の工夫するなり  岱水

次男曰く、「薪」から夕餉の支度を思寄せたか、薪の下で鳴出したきりぎりすに夜なべの情が動いたか、前者なら女ということになるが、後者なら男女いずれでもよい。

作りは、時分を付けて景に人情を添えただけの遣句のように見えてじつは、「晩」すなわち物の「下」を見咎めた裏入の起情だろう。老獪な介添ぶりである、と。

人気ブログランキングへ -読まれたあとは、1click-

|

« 芋虫あつい道をよこぎる | Main | 馬がふみにじる草ははなざかり »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54918/45368622

Listed below are links to weblogs that reference 晩の仕事の工夫するなり:

« 芋虫あつい道をよこぎる | Main | 馬がふみにじる草ははなざかり »